「うつ病」は軽視してはいけない

「うつ病」について、専門の領域でなかったとしても、皆さんは既にある程度のことを実態としてご存じではないかと思います。
うつ病と聞くと、極端に言えばやる気が起こらない、慢性的に体がだるい、辛い気持ちになる、毎日仕事に向かうのが苦痛、朝起きるのがつ辛いなど、色々な症状が出てきます。
これらはうつ病、あるいはうつ傾向にある人なら比較的どれかに当てはまる事が多いものですが、こういった症状を軽視している方が多いというのがこの国の実態です。

症状がひどくなる前に対策を講じる

本当はあまりにも辛い、苦しい状態であれば同じようにして働いている場合ではありません。
休職するなり、転職するなり、何らかの対策を講じる必要があります。
また、このような段階に進む前にできるだけしっかりとストレス対策等を行う必要もあるのではないでしょうか。

うつ病は環境によって作られる部分が大きいもの、家庭が穏やかなのであれば職場での人間関係や、多忙さによって大きなストレスがかかり続けてしまうことが一つのキッカケと言えるでしょう。 もしこういった状況で大きなストレスを感じているのであれば、根本的に環境を変える必要があります。
人間関係なら転職、労働環境が劣悪でも転職が必要でしょう。
そして、もしそのような対策を講じることが難しいのであれば、できるだけストレスを軽減できるように対策をしてください。

症状を少しでも軽くする為には?

長時間自然の中を歩く、汗をかく程度に運動をする。
自分が好きな事に没頭する時間を作る、ハーブを利用したり、体を柔らかくするための体操やヨガも非常に効果的です。
いずれにせよ、医師の皆さんが倒れてしまっては元も子もありません。
疲れた時は、気持ちを落ち着かせる時間をとって、ゆっくりとしてくださいね。

  • 1