1. 医師だからこそ食生活に気を付ける

医師だからこそ食生活に気を付ける

独身の医師は特に注意!

医師の皆さんは恐らく毎日忙しい日々をお過ごしだと思いますが、食生活の方には気を使っておられるのでしょうか。
時間に融通の利く奥方がいらっしゃれば、ご家庭における食事の心配はあまり必要ないかもしれませんが、特に独身男性の方であればどうしても不摂生をしてしまいがちだと思われます。
そこで、今回は食生活における不摂生はどのような事態を引き起こす可能性があるのか。
また、食生活を改善するためにはどのような方法を取ればいいのかということを少しお話ししたいと思います。

医師もバランスよく栄養をとることが大切

まず、食事における習慣で最も多いのが食事に偏りがあるパターンです。
肉ばかりで野菜を摂らない、炭水化物が過多というものが多いですね。
私達の体は様々な栄養素等で成り立っていますので、まず食事に偏りが出ると特定の栄養価が不足しがちになります。

特に現代日本人には良質な脂肪分、タンパク質、ビタミン、ミネラルが不足しがちであるというデータも出ています。
普段のパフォーマンスが正常だと皆さんは認識されているでしょうが、栄養素等がしっかりとれていると、頭もよく回りますし、ストレスにも強くなります。
また、免疫力が高まり、細胞の再生能力も活発化します。 逆に言えば、普段は想像以上にパフォーマンスが低下した状態で日常生活を送っている方が多いということになります。
病気にならないためにも、元気に生活するためにも、医師の皆さんにはぜひ食生活から気を付けて頂ければと思います。